パラダイス・ロスト


2012年06月12日 読了
 スパイを養成するD機関の新作。
創設者の結城中佐の人となりを暴こうとする外国人が現れる。

 今回は、実際のスパイ活動よりも結城中佐の過去を探るためにやってきた外国人の動きが中心。
しかし、これまでのような清々しいほどの裏切りはないため、物足りない。
 逆に「ケルベロス」は、珍しくスパイの方が利用されてしまい、こちらは結城中佐も苦笑いしそうでおもしろかった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パラダイス・ロスト [ 柳広司 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です