マグマ


2009年09月13日 読了
 外資系ファンドに勤める妙子は、地熱発電を研究運営する日本地熱開発の再建を任される。

 日本のエネルギー問題として、地熱発電に目を向けた。外国からの圧力、政治的な思惑、現場の仕事。
 「国際エネルギー戦争」というサブタイトルの通りである。

 スケールの大きいテーマのわりに、あやふやだったり違和感だったりするものがなかったので、すっきりと読み終わることができた。でもボリュームのわりに充実感がない。

 節電もエコも、地球のためというよりは、まず自分の節約のためと思っているからか。小さいのは私のほう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マグマ 小説国際エネルギ-戦争 [ 真山仁 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/11/6時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です