夜陰譚


2010年12月13日 読了
 異形コレクションの短編を集めた本。
作者にしては珍しい現代女性を描いている。

 真夏の夜にうすら寒い光を見つけてしまったようなストーリーが続き、その辺りは得意の異世界の雰囲気が出ていた。

 時々TVで「世にも奇妙な物語」を見ていると、小説で読んだ話が出てくるときがあるが、これもそれにピッタリだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夜陰譚 幻想ホラー小説集 (光文社文庫) [ 菅浩江 ]
価格:565円(税込、送料無料) (2019/11/8時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です