鬼に捧げる夜想曲


2011年08月10日 読了
 昭和21年3月17日。
乙文は、友との約束を果たすべく、九州大分の沖合に浮かぶ満月島へと向かう船に乗っていた。

 約束は友の婚礼。
ところがその夜、新婚夫婦は無残な姿で発見される。

 トリックとどんでん返し、覆る推理が多過ぎる気もしたが、引き込まれて1日で読めた。
 もう一つの受賞作品も昔読んでいたが、こちらの方が数倍おもしろかった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鬼に捧げる夜想曲 [ 神津慶次朗 ]
価格:2090円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です