黒猫の遊歩あるいは美学講義


2012年09月12日 読了
 第1回アガサ・クリスティー賞受賞作。
24歳にして教授になった天才、渾名は黒猫。
その黒猫とは学生時代からの腐れ縁である主人公が、黒猫と共に日常の不思議を考える。

 時には身近な所で、時には有名な昔の本たちから、美学を語り、追求する黒猫。
 堅苦しい言い回しや物語への深い考察は、始めは読みにくいが、次第にこちらも一緒に議論に参加している気分になる。

 ボーの話を多く引用しているところは、ミステリ好きにはたまらないだろう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒猫の遊歩あるいは美学講義 [ 森晶麿 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です