白虹


2011年01月29日 読了
 北アルプスの山小屋で働く五木。登山道から外れて倒れていた遭難者を発見したことがきっかけで繋がる、いくつかの事件。

 わずかな違和感が五木を動かす。人が気づかないことに気づく五木だったが、それは後味の良いものばかりとは言えなかった。
 
 「聖域」に続き山の話。どこか頼りない主人公だが、悩み続け、なんとか難を逃れながら見つける事実は、やっぱりいいものばかりではなかった。
 でも、たいていの人が持つ力や覚悟ってそんなものかもしれないなぁ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

白虹 [ 大倉崇裕 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/11/8時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です