犬はどこだ


2011年05月02日 読了
 事情により仕事を辞め、引きこもり気味だった主人公が調査事務所を立ち上げた。仕事内容はただ一つ「犬探し」。

 そのはずだったのに、舞い込んだ依頼は人探しと古文書解読。
押しかけ部下となったハンペーとそれぞれ勝手に調査していたはずが、いずれ交差しやがて事件に。

 やる気のない主人公とやたら軽いハンペー。
少しずつ深刻味を増していく調査。
 うっかり浅瀬から足を踏み外したような深みへのはまり方が楽しかった。

 タイトルが、そのまま主人公の性格っぽい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

犬はどこだ (東京創元社・ミステリ・フロンティア) [ 米澤穂信 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/8時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です