鳩とクラウジウスの原理


2011年05月28日 読了
 第1回野性時代フロンティア文学賞受賞作。

 公園で鳩に餌をやっていたらスカウトされた。
その名も「鳩航空事業団」。

 つまり色々な物を伝書鳩で運ぶという仕事で、登場人物も個性的だが、どうも万城目学に似ていて新鮮味がない。

 最後も落ち着くところに落ち着いて満足感は薄かった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鳩とクラウジウスの原理 [ 松尾佑一 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です