ジェネラル・ルージュの凱旋


2010年03月21日 読了
 「血まみれ将軍(ジェネラル・ルージュ)」の異名をとる救命救急センター部長・速水。
 彼の収賄の内部告発文がリスクマネジメント委員会委員長の田口に届けられる。

 前作「ナイチンゲールの沈黙」と同時に起こった出来事であり、同じシーンも含まれている。そのため既視感に何度か襲われる。

 田口先生、この時こんなに多忙だったんだ。。。でも、こっちの方が断然面白い。

 例によって白鳥は後半になってようやく顔を出す。今度は部下の姫宮くんも登場。シリーズものがだんだん面白くなって来るのは珍しい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジェネラル・ルージュの凱旋 [ 海堂尊 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/7時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です