破線のマリス


2012年05月03日 読了
 第43回江戸川乱歩賞受賞の傑作ミステリ。
首都テレビでニュースの映像編集をしている遠藤瑶子は、常に刺激的な映像を作り出すことで視聴者の人気を博していた。
 遠藤瑶子はある日、持ち込まれた盗撮テープの衝撃的なシーンをつないだことから、視覚の罠にはまる。

 追い詰められ、人生を狂わせていった人間が複数登場する。
しかしなんだかすっきりしない終わり方。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

破線のマリス [ 野沢尚 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です