けさくしゃ


2013年05月19日 読了
 お江戸の旗本である高屋彦四郎、通称種彦さんは、あるとき気まぐれに語ったお話が版元の山青堂の目にとまり、本にしないかと持ちかけられる。
 そのうちだんだん戯作好きが高じ、自身の首を賭けるもめごとにまで発展してしまう。

 話が進むにつれて混沌としてくる。山場というよりは混乱で、始めの1話ほど戯作が盛り上がらない。
途中で進路変更をした感じがするため、すっきりしない進み方だった。
1話ごとの導入部も、ふざけすぎているようで感じが悪い。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

けさくしゃ [ 畠中恵 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/10時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です