つむじダブル


2012年11月04日 読了
 二人の作家が兄妹それぞれの視点で描く、一つの家族。
仲が良くて、大好きな家族に、ある日1本の電話が入る。
お母さんは絶対知ってる人のはずなのに、「知らない人」だと言う。
 妹のまどかがチクリと胸に感じた違和感が、自分の知らないお母さんの過去と繋がる。

 二人の作家の合作。
どちらも優しく優しく話を紡ぐ作家さんで、交互に書かれているはずなのに少しも違和感なく読み進められる。
最後に兄のユイチが語る推理は安易で、ちょっと違うかなぁと思ったりもしたけど、高校生の男の子の考えとしては正解なのかもしれない。
 本当はもうちょっと隠れていそう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

つむじダブル [ 小路幸也 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です