みやこさわぎ (お蔦さんの神楽坂日記)


2017年04月19日 読了
 高校生になった滝本望は、祖母のお蔦さんと暮らしている。
神楽坂の若手芸妓・都姐さんが結婚を機に芸妓を辞めると言い、あいさつに来た。
ところが、一方的に婚約解消を言い捨て、都姐さんは姿を消す。

 お蔦さんの周りには相変わらず色んな人がやってくる。
今回も都姐さんの他に、3つ後の男の子を置いて家を出たという主婦、地元の有名な画伯が若い頃に書いた絵で起こった相続トラブルなど、身近でやっかいな出来事がたくさん起こる。いつ自分の周りで起こってもいいようなことばかりで、思わず神妙に考えてしまう。
お蔦さんの采配には毎度感嘆してしまう。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です