アダマースの饗宴


2011年08月05日 読了
 第16回松本清張賞受賞。  

 8年の刑期を終えて出所した笙子は、その瞬間から盛大な男の子どうしの「遊び」に巻き込まれていた。

 加藤実秋に似た語り口。
ただ男に拾われ、薬漬けになり、貢ぎ、捨てられたはずの女のしぶとさが最後に勝つ。
 賞をとるほどいいとは言えないが、評判ほど悪くはないと思った。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アダマースの饗宴 [ 牧村一人 ]
価格:1571円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です