キング&クイーン


2011年05月22日 読了
 元SPで、今は警察を辞めバーで働く安奈のところに、守ってほしいという依頼が来た。
 断る機会を逃したままとりあえず話を聞く安奈。

 警護対象は天才チェスプレイヤーのアンディ。
敵はなんとアメリカ合衆国大統領??
 安奈の警護とアンディの生い立ちとが交互に語られる。

 どうしても近頃人気のフジテレビのドラマ「SP」と比べてしまい、インパクトが弱い。
 「ジョーカー・ゲーム」のような余韻もないが、最後はハッピーエンドなので読後感は良い。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キング&クイーン [ 柳広司 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です