サバイバー・ミッション


2009年10月28日 読了
 「タロットの迷宮」の前作。
 
 PC内で”生きている”キシモトと、新米捜査官が追う首切り殺人。

 追うごとに混乱し、誰を信じていいのかわからなくなり次第に自らを追い込んでいくのはアメリカ映画のようでスリリング。
 でも最後の解決編というべきところがいまいちスムーズでないため、何度もページを繰りなおすことになったのは解読力不足所以か。。。?

 この人の文は読点が多くて読みづらいのが難点。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サバイバ-・ミッション [ 小笠原慧 ]
価格:1676円(税込、送料無料) (2019/11/7時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です