ジェネラル・ルージュの伝説


2011年08月06日 読了
 ジェネラル・速水の過去と、「凱旋」の別視点、そして彼が東城医大を去ってからの短編。

 ドラマと設定がかなり違っていて、速水のイメージががらりと変わる。こちらが本意なんだろうけど、ドラマの方がカッコイイ。

 後に添えられている自作解説は、悪口ばかりでどうにも感じが悪かった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジェネラル・ルージュの伝説 (宝島社文庫) [ 海堂尊 ]
価格:607円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です