ナイチンゲールの沈黙


2010年02月22日 読了
 前作で活躍した田口・白鳥ペアが、入院患者の父の殺人の謎を解く。

 前作のように最初から事件は起こらない。そして白鳥も登場するのはちょうど半分まで来た頃。
 いろいろと酷評されているけれど、普通のミステリとしては充分だと思う。前作のインパクトに押されて印象が薄いせいか。

 前作はどちらかというとドラマの方が好みな私は、小説ではバチスタよりもこちらの方が面白かった。
 登場人物が多いのは病院だからしょうがない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナイチンゲールの沈黙 [ 海堂尊 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/7時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です