ハーメルンに哭く笛


2011年07月17日 読了
 ある日、児童30人がまるでハーメルンの笛吹きのごとく連れ去られた。そして2日後、墓場で奇麗に並べられた死体として発見される。
 
 花街に住む盲目の元検事が見事な探偵となっている。
意地悪で口が悪く、人を指に巻く性格も、その美貌を持って帳消しにされるほどで、すべての言動が美しい余韻となる。
 
 周囲で動く素朴な若者と頑固で粗野なベテランという定石の組み合わせも、物語をわかりやすくしてくれている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハ-メルンに哭く笛 長篇新本格推理 (Tokuma novels) [ 藤木稟 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です