パズル・パレス (下)


2009年12月30日 読了
 元同僚が描いた復讐。
その真意をそれぞれに解釈していたために起こった混乱。

 最悪の事態を止めるためのパス・キーを求めて最後の1秒まで戦うという、とても分かりやすい謎解き。

 この作品ですでにロバート・ラングドンの位置は決まっている。

 舞台は常に歴史と、宗教と、愛。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です