ボクハ・ココニ・イマス 消失刑


2012年09月21日 読了
 主人公の克則は、懲役刑を受けた。
そこで不思議な提案をされる。

「懲役刑」と「消失刑」、どちらを選びますか?

 消失刑とは、周りから認知されず、話すことも書くことも触れることもできない。まさに周りから存在が消される刑である。
試験的な刑であるため、こちらを選ぶと刑期が短縮もされるとあって、克則は消失刑を選ぶ。
 そしてもうすぐ刑が満期になるという頃、とあるきっかけで刑を執行・監視している首のリングが壊れた!

 そこから始まる孤独な生活。

 面白い刑である。
いずれ実際にこれに近いシステムができるかもしれない。
最後は全てを明らかにせず終わっているため、ますます想像が膨らむ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボクハ・ココニ・イマス 消失刑 [ 梶尾真治 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です