メサイア 警備局特別公安五係


2012年07月13日 読了
 対スパイ殺人権をもつ特公五係、通称“サクラ”。
戸籍はなく、家族もない。死んでも誰にも知られることもない。
 そんな彼らは国のために人を殺す。

 スパイとして鍛えられ、その卒業試験として一つの任務を与えられた主人公の鋭利は、相棒となった珀と二人で首相の息子を警護することになる。

 聞いたことのあるような話ばかりなうえ、何度も繰り返すフレーズが邪魔。
内容も、流れも、いまいち。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メサイア 警備局特別公安五係 [ 高殿円 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です