嘘をもうひとつだけ


2012年12月31日 読了
 刑事の加賀が、わずかな不自然や違和感から事件を解き明かす。
読み終わって気づいたが、「新参者」の加賀だった。

 短編集なのでちょっと簡単すぎる気がしたけど、疑わしい人物の言動を一つ一つ突いてくるので納得ができる。
 最後の「友の助言」が切ない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

嘘をもうひとつだけ [ 東野圭吾 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です