天才たちの値段


2011年09月03日 読了
 地下室から、または蔵から、見つかった古い美術品は果たして本物か。
 真贋を問われる短大の教師・佐々木。

 なによりも美術コンサルタントの神永の見抜く力が変わっている。
 でも流れが不自然でわかりにくい所が多く、余韻も少ない。
キャラクターの個性や気持ちの動きよりも、美術品のウンチクに力が入っているからか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天才たちの値段 [ 門井慶喜 ]
価格:1885円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です