妖国の剣士


2013年02月10日 読了
 第4回角川春樹小説賞受賞作。
昔、自分の不注意から幼い弟を拐われてから、黒川夏野は剣の道を極め、弟を探す旅に出る。
 幼児誘拐が頻発するという晃瑠に着き、兄の幼馴染のところに身を寄せながら弟を探すうち、安良国最強の剣士と謳われる鷺沢恭一郎と、妖の少年と出会う。

 女だてらに剣士となった夏野が、自らの身に妖の目を宿し、それゆえに視えるようになった影を追いながら、事実を追い求める。
ファンタジーでもあり、昔話のような残酷さもあり、途中で目を離すとおいていかれそうなスピード感で、一息で読み切った。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

妖国の剣士 [ 知野みさき ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です