実さえ花さえ


2017年04月25日 読了
 種苗屋「なずな屋」を営む、新次とおりん夫婦。
植物を愛でるのがなによりの生きがいである新次と、お針や手習いの師匠をしていたおりんが、互いを思いやり優しく懸命に生きる姿を描く。

 すらすらと読める割にじっくりと考えさせる内容で、読み終えると今に続く「花」の登場にほっこりとし、また人の死にしんみりする。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

実さえ花さえ [ 朝井まかて ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/16時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です