幻想即興曲 – 響季姉妹探偵 ショパン篇


2012年06月03日 読了
 古い原稿には、40年前の殺人事件についての詳細が、作者なりの推理で書かれていた。

 目の前で起こった事件のことを、執念ともいえるほどの情熱で書き続け、真犯人をも書き付けられた原稿だが、響季姉妹はどこか違和感を感じていた。

 構成がつかみにくく、読みにくい。
推理小説らしく最後に逆転はあるものの、鮮やかと言うほどではない。姉妹いらなかったのでは。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

幻想即興曲 響季姉妹探偵ショパン篇 [ 西澤保彦 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です