恋刃―Lancet


2011年12月18日 読了
 身を切られるような痛みすら欲しいと思ってしまう、タイトルのイメージそのままの、恋。

 今に満足していても、仕掛けられた罠がすぐそこに見えても、恋に落ちただけで全てを捨てる理由になる。
 今回の生贄は、地位も家庭もある、ごく普通の役人。

 今までのメンバーがせわしなく登場する。
亮司の影が薄くなってきた。
サーシャは相変わらず、ほとんど出番はないくせに存在感は大きい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

恋刃 Lancet (R/evolution) [ 五條瑛 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です