愛ならどうだ!


2011年02月05日 読了
 刑務所から戻ってきたばかりの井堀は、でかい泥棒の仕事にまきこまれる。やくざに弱みを握られた刑事の山岡や、ストーカーなどが入り混じってこじれ、ドカンとはじける結末。

 主人公の性格の単純さが、ややこしい問題を軽く見せている。
でも本人が楽観的な分、こちらが心配する羽目になる感じで、読むうちに疲れてきた。

 この人の他の作品とは少し違ったイメージ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛ならどうだ! [ 新野剛志 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/11/8時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です