時計を忘れて森へいこう


2009年09月09日 読了
 「ミステリー」と作者は語っている。
落とした時計を探しに迷い込んだ森で出会った自然解説指導者。

 秋の早朝の空気のような、キンと音のするくらい静かな物語。

 探偵モノなんだろうけど、加害者がいるわけじゃなく、本当に時計を気にしないでいられる物語だった。

 「銀の犬」ほどの余韻はないけれど、幸せな未来を確信できると思わせてくれる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

時計を忘れて森へいこう (クイ-ンの13) [ 光原百合 ]
価格:2090円(税込、送料無料) (2019/11/6時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です