札幌方面中央警察署南支署―誉れあれ


2013年08月08日 読了
 初めて死体を見て気絶した新人の警察官・梅津康晴は、キゼツという渾名を付けられた。
彼は非番の日に街に出て不審者を探す。
そんな熱心さが裏目に出て、康晴はあるグループに囚われてしまった。

 刑事vs刑事。
悪い奴はどこにでもいる。警察にだっている。

 流れがわかりにくく、最後までまとまりがない。
ススキノシリーズとは大違い。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

札幌方面中央警察署南支署誉れあれ [ 東直己 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/11/10時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です