椿山課長の七日間


2011年10月07日 読了
 デパートで働く46歳の椿山課長は、死んだ。
あの世へ行くための手続きのため、まるで役所のようなところで講習を受け、罪を暴かれる。

 死んでしまったのはしょうがない。でも心残りが多すぎる。
そう主張して現世に戻してもらった課長。

 同時に現世に来た3人は、それぞれ自分の居場所へ戻り、自分のやるべきことをする。
 それが望む結果になるかも、それぞれ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

椿山課長の七日間 (朝日文庫) [ 浅田次郎 ]
価格:660円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です