熱氷


2012年01月23日 読了
 最愛の姉が死んだと連絡が入り、カナダから日本へと帰国した石沢恒星。
姉が残した甥とやっとうちとけてきた頃、甥が誘拐される。

 複雑な人間関係と登場人物の多さで多少混乱するが、忘れる間もなく読み進められるために気にならない。
 悪人だと思った佐々木も、違う一面から見ればただ哀れなだけだった。
 
 氷を撃つ男の生き様が、とてもかっこよかった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

熱氷 [ 五條瑛 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です