確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム


2012年01月26日 読了
 数学を使って、ヒトを観察し、被疑者の取り調べをする。
その主人公である御子柴は、性格破たん者と言っても過言ではない。

 おそらく普通の人が何気なく行っている言動を、数学を使って理論的に説明していく。
 その発想はおもしろいけど、内容はかなり残念。
八雲シリーズも他の作品もおもしろいのに、これは失敗。

 『謎解きはディナーの後で』と同類。
あれが面白い人はきっと楽しめるだろう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム [ 神永 学 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です