福家警部補の挨拶


2010年05月06日 読了
 現場を観察し、聞き込みに周るときにはすでに真相をつかんでいる。小柄な女性刑事の活躍する4編。

 落語シリーズが面白いのでこっちのシリーズも、と思って手に取ったけれど、どうもいまいち力がない。

 「現代のコロンボ」と評される刑事の手腕は理解できる。高評価してる人も多い。でも私はあんまり楽しくなかった。

 動機、殺害手順、証拠、、、伏線はきれいにいくつも取り入れられていて、推理モノとしてはすっきりとまとまっている。
 でも登場人物が薄すぎる。読み終わったら何も残っていない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

福家警部補の挨拶 (創元クライム・クラブ) [ 大倉崇裕 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/7時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です