空へ向かう花


2010年11月11日 読了
 知らない女の子を殺してしまった。事故だったけど。たまたま僕がそこにいただけ。でも、僕が死んだらあの子にあやまれるかな。

 ビルの屋上で飛び降りようとした少年を、とっさに止めた少女がいた。
 二人の出会いは、これは運命??

 「子供は守らなければならない」作者は必ずそれを作品に示す。
詳しくは語られない事件を根として、穏やかに穏やかに進む物語。

 どうしようもないけれど、絶対に失望はしない物語。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

空へ向かう花 [ 小路幸也 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/8時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です