腕貫探偵 市民サーヴィス課出張所事件簿


2012年02月16日 読了
 市民サーヴィス課臨時出張所と書かれた貼り紙。
一旦目に留まってしまったら吸い寄せられるように順番待ちの紙に名前を書いてしまう。

 安楽椅子探偵のよう。
その相談員は、ただ話を聞いて、意見を少しだけ言う。
それで全ては、いずれ解決をみる。
  
 短編集だからか、その相談員は推理するというよりただ結論を言っているだけ。
たいくつ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

腕貫探偵 市民サーヴィス課出張所事件簿 [ 西澤保彦 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です