若様組まいる


2011年02月12日 読了
 明治になって20年もたったころ、江戸のご時世なら「若様」と呼ばれる立場であった武士家の若君たちが、暮らしの安定を狙って入った警察学校で起こる出来事を描く。

 「アイスクリン強し」の少し前の出来事である。
たった2カ月の警察学校生活を、無事に乗り切ろうと思っていたはずなのに、初日から諍いを起こす。

 この時代ならではの対抗意識を、若者らしい受け取り方と行動力で清々しく描いている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

若様組まいる [ 畠中恵 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/8時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です