茶室殺人伝説


2009年11月22日 読了
 1986年に出版された作品の初文庫化。

 次期家元の婚約発表の席で起こる事件?事故?
茶道と武士の心を持つ流派の、戦国の時代から続く思いが起こす一つの時代の終わり。

 茶道の描写が、堅苦しくなく、しつこくなく、うんざりさせない。お手前を少しも見た事がないという人は少ないだろうから、全く想像できないということはないと思うし。

 一旦解決したと思われたが、その時点でまだページは1/3が残っていた。残る疑問をこちらにも確かに抱かせ、推理させる。
 
 脇役も心に残り、爽やかな後味。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

茶室殺人伝説 (講談社文庫) [ 今野 敏 ]
価格:792円(税込、送料無料) (2019/11/7時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です