荻窪 シェアハウス小助川


2012年04月06日 読了
 母親から、そろそろ自立しなさいと出された先は、2年前まで医院をしていた近所の小助川先生が始めたシェアハウス。
 そこへ集まってきた同居人たちとの、ほんのり暖かくて優しい時間。
 ひどいことも起こったりするけど、それが悪意に繋がらない。

 この人の本はどれも穏やかで人にやさしい。
読み終わった後も安心できて、誰かにたくさん話を聞いてもらった後のような気分になる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

荻窪シェアハウス小助川 [ 小路幸也 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です