警視庁FC


2011年08月04日 読了
 フィルム・コミッション。
「映画やドラマの撮影に対して、警視庁がさまざまな便宜を図る」という部署。
  
 力まない主人公のつぶやきはほかの作品でも共通だが、これはとんとやる気のない警察官の話。

 あまりの様子に不愉快になる。
話も、力任せにこじつけた感が大きくてがっかり。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

警視庁FC Film Commission [ 今野敏 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です