踊るジョーカー―名探偵 音野順の事件簿


2012年08月21日 読了
 推理作家の白瀬は、気弱ですぐに泣きごとを言っては逃げに走る友人の音野の観察眼を買って、探偵事務所を開いた。
 そこへ持ち込まれる依頼に、自信なさそうに推理する音野。

 ひきこもりの探偵と世話焼きの友人というよくある設定。
でもなんだかキャラが生きてない。推理も物足りない。

 坂木 司の同じような設定の本の方が何倍もおもしろかった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

踊るジョーカー 名探偵音野順の事件簿 [ 北山猛邦 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です