酒が仇と思えども


2017年12月14日 読了
 酒で悩んでいる人に手を貸したい。
酒屋の若旦那は、様々な悩みを聞く。

 単に酒癖が悪いとか身を持ち崩したとかいう話ではなく、親友と最高の酒を飲むつもりが相手に死なれてしまうといった、切ない話が6つ。
人を救い、そして最後には自分も救われ、ほっこりとさせられた。
酒は一緒に飲む相手によって味が変わる。
名前が出てきた酒を少し、飲んでみたくなる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

酒が仇と思えども [ 中島要 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/17時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です