おっかなの晩 (船宿若狭屋あやかし話)


2017年07月19日 読了
 浅草川の岸辺にある船宿、若狭屋で女将をしているお涼。
一風変わった性格のお涼は、ちょっと変わったことにも出会う。

 狐憑きと噂される女郎、息子を探す山姥、祈り続ける男など、印象深い話がいくつかあるが、どれもほんの短い話。
時々怖い話のようでひやりとしても、粋な大人たちににやりとさせられる。
何があっても笑い飛ばせる強いお涼が頼もしい。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です