おはぐろとんぼ 江戸人情堀物語


2013年05月30日 読了
 江戸の下町で暮らす人々の、ちょっとのため息と共に訪れる幸せの物語。

料理茶屋で働く女、自分のことを神仏の化身であると言う男児、行方知れずのままの娘を諦めきれない旦那。

 市井の暮らしを描く話の中でも、わりと後味がいい本。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おはぐろとんぼ 江戸人情堀物語 [ 宇江佐真理 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/10時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です