ほら吹き茂平


2012年11月25日 読了
 隠居の身である茂平は、日がな一日することもなく、湯屋へいったり散歩をしたりと、まだまだ達者な体で暇を持て余している。
 そして茂平は、ちょっとしたお愛想のつもりで軽い「ほら」をふく。

 穏やかな江戸の暮らしを楽しげに描く。
ほら吹きでも、せっかちでも、困った癖を明るく見つめて嫌味がないから、頼もしい個性に思えてくる。
いくつかの短編で、ちょっと変わった「癖」をもつ尼僧の話は心を温かくした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ほら吹き茂平 なくて七癖あって四十八癖 [ 宇江佐真理 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です