アイスクリン強し


2009年10月29日 読了
 時は明治。江戸から東京へと名を変えた街で、若者たちが駆ける。

 時代は変わっても作者の世界は全く変わらず。
 若者と、幼馴染と、小さな問題と。この設定しかないと言っていい。

 簡単に読め、あっけらかんとした文章。おもしろいけど、取り立てて注目することもない。
 
 結末が中途半端な部分があったりしてちょっと残念。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイスクリン強し [ 畠中 恵 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/7時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です