アンジェリク 緋色の旗


2010年01月04日 読了
 国境近くに住む貴族の娘アンジェリクが革命の中で生きる。

 他の作品で主人公だった人が今度は脇役となり、違った目線と時間で革命を見ている。
 心の底に疼く傷を誰もが持っている時代だから、いくらでも話が膨らむ。

 歴史と政治の話は何度聞いても整理できないけれど、その時代をこれだけ多様に描けることはすごいと思う。
 ただ、少し飽きてきたかも。。。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンジェリク緋色の旗 [ 藤本ひとみ ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/11/7時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です