カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女>


2017年05月25日 読了
 父の仕事の都合で、インドの駐在英国人の子女が通うオルガ女学院へ通うことになったシャーロット。
そこで出会ったのは、オニキスの瞳を持った美しい少女・カーリーと、個性的な級友たち。
初めての経験ばかりのシャーロットは、そこで様々な事を学ぶことになる。

 作者があとがきで言っているように、「ハウス世界名作劇場」のような物語。
仲間たちに恵まれ、波乱万丈な出来事が次々と起こり、ちょっと嫌な奴もいて、少女たちは賑やかに成長する。
どんなことが起ころうとも、明るくて前向きな、かわいらしい学園ロマンス。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です