トーキョー・プリズン


2011年06月13日 読了
 行方不明の友人を探してトーキョーにやってきたフェアフィールドは、日本人戦犯が収容されているスガモプリズンに入る。
そして、そこで調査をする交換条件として、兵隊の事故死の真相を探るよう依頼された。

 「ジョーカー・ゲーム」の重さと、「はじまりの島」の謎解きが美味く混ざり、じっくりと考えることが出来る作品。
 文体、題材共にとても好きな部類に入る。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トーキョー・プリズン [ 柳広司 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です